小売業 売上 ランキング【日本】2021年の動向は?【スーパー・百貨店・ホームセンター・コンビニ・家電 衣料品量販店・ネット通販】

スポンサーリンク

小売業 売上 ランキング【日本】2021年の動向は?【スーパー・百貨店・ホームセンター・コンビニ・家電 衣料品量販店・ネット通販】

スポンサーリンク

小売業 売上 ランキング 日本 トップ40【スーパー・百貨店・ホームセンター・コンビニ・家電 衣料品量販店・ネット通販】

2021年上期決算の小売業は、その売上高をランキングに反映しております。

 

2021年最新の日本の小売業 売上ランキングのトップ40をご覧ください。

 

日本の小売業 売上ランキング トップ5!イオン・セブン&アイや楽天・アマゾン・ユニクロは何位?

順位日本の小売業 会社名

売上高(十億円)

1イオン [総合スーパー]8,604
2セブン&アイ [総合スーパー]5,767
3位楽天 グループ [ネット通販]

4,451(国内EC流通総額) 
1,456(連結 売上収益) 

4位アマゾン ジャパン [ネット通販]

2,171(日本 流通総額) 

5位ファーストリテイリング [衣料品量販店]
(ユニクロ・GU)

2,009

 

日本の小売業 売上ランキング 6位~20位|ヤマダ電機・カインズ・ベイシアやドラッグストアが躍進し百貨店が急落!

順位日本の小売業 会社名

売上高(十億円)

6位ヤマダ電機 [家電量販店]1,753
7位

パン・パシフィック・インターナショナル (ドンキホーテ・ユニー) [ディスカウントストア・スーパー]

1,682
参考


ヤフーショッピング [ネット通販]

+

ヤフオク [ネットオークション]

1,035(ショッピング事業 取扱高) 

2,594(EC流通総額) 

8位ベイシア グループ(カインズ・ベイシア・ワークマンなど) [ホームセンター・スーパー・作業専門店]1,027
9位ウエルシア [ドラッグストア]950
10位ツルハ [ドラッグストア]919
11位ビックカメラ [家電量販店]848
12位三越伊勢丹 [百貨店]816
13位ケーズ(電気) [家電量販店]793
14位エディオン [家電量販店]768
15位ライフ [食品スーパー]759
16位H2O エイチ ツー オー リテイリング [百貨店]
(阪急 阪神 イズミヤ)
739
17位USMH(ユナイテッド スーパーマーケット ホールディングス)
(マルエツ カスミ MV関東)
734
18位バロー [食品スーパー]730
19位ニトリ [家具量販店]717
20位ヨドバシカメラ [家電量販店]705

 

日本の小売業 売上ランキング 21位~40位!

順位日本の小売業 会社名

売上高(十億円)

21位イズミ [総合スーパー]689
22位コスモス薬品 [ドラッグストア]684
23位高島屋 [百貨店]681
24位ローソン [コンビニ]666
25位サンドラッグ [ドラッグストア]634
26位スギ603
27位MV(マックスバリュ)西日本563
28位マツモトキヨシ(マツキヨ) [ドラッグストア]557
29位アークス [食品スーパー]557
30位しまむら [衣料品量販店]544
31位ダイソー526
32位ノジマ [家電量販店]523
33位ヤオコー508
34位DCM(ホーマック・カーマ・ダイキ・サンワ)471
35位上新電機449
36位コーナン442
37位平和堂439
38位アスクル400
39位コメリ386
40位ココカラファイン366

 

スポンサーリンク

ランキングから見えた日本の小売業の2021年の動向と国内 No.1の現状! 

2021年の日本の小売業の動向|ネット通販やドラッグストア・ホームセンターと百貨店に売上ランキングの明暗が!

2021年に日本の小売業界で注目すべき点は、合併や統合により しのぎを削りあってきた「百貨店」が、数年前まではランキングTOP10に数社ランクインしていたにもかかわらず、本年の決算では姿を消した点です。

 

コロナの自粛の影響で、日本の小売業はランキングや売上高から見ても盛衰がはっきりと分かれてしまいました。

 

日本の小売業の中でもランキング上位から姿を消した百貨店とは裏腹に、ネット通販やドラッグストア・ホームセンターの多くは、2021年の決算において大きく売り上げを伸ばしています。

 

全世界の小売業の中でも破竹の勢いで成長を続け、日本おいても 4まで浮上してきた、ネット通販の「アマゾンジャパン」と、小売りだけでなく、サービスなどのEC全体での流通取引額総額となり比較が難しいところはありますが、 3位にまで食い込んできている「楽天グループ」! 

 

ヤフーも物販事業に力を注いでおり「ヤフオク+ヤフーショッピング」の合算となると、8位付近まで食い込んでくる形となります。

 

 

楽天・Yahoo!・アマゾンの3社とも、前年よりも売上高(取引額)を大幅に伸ばしており、今後も、さらに大きな成長が見込まれることから、この先、日本の小売業の牽引役となっていくことは間違いないでしょう!

 

また、20位にランクインしている「ヨドバシカメラ」も、オンライン通販を展開し、顧客満足度では、 アマゾンを凌駕する実力を持ち合わせており、 今後、アマゾン、楽天、ヤフーを追う様相を示しています。

 

2021年 日本の小売業の売上ランキング国内 No.1や上位の動向! 

6は売上の低迷が続き、元気のなかった家電量販店 ヤマダ電機が2021年の決算において、売上高や利益ともに大幅にアップ!

 

今後、ヤマダ電機は非家電の分野に注力していくとしています。

 

5が、SPA(製造販売)で成功を収め、国内の衣料品販売では向かうところ敵なし!

 

世界展開でも躍進を続ける、「ユニクロ「GU」を展開する、ファーストリテイリング!

 

 

一方、 以前まで中核だったGMS「イトーヨーカ堂」から、コンビニエンスストア「セブンイレブン」を 中核に据え直し、商品開発、ネット販売に力を注いでいる「セブン&アイ」グループが日本の小売業の売上高 2位を維持。

 

「売上高」は前年の2020年決算から大幅にダウンの上、利益も黒字ではあるものの前年比 大きくマイナスとなっています!

 

 

さて、注目の日本の小売業 売上高1は、 かつては、売上首位を独走していた「ダイエー」に加え、「マイカル」、 フランスNO.1小売業「カルフール」の日本進出店舗を傘下に収めて、金融分野にまで拡大を続け、 魅力あるショッピングモールで王国を築いてきた「イオン」グループ。

 

日本国内、売上首位は「イオン」グループ!!

 

ただし、2021年のイオングループの売上高は、ほぼ前年並みを維持できたものの、利益に関しては大幅な赤字を計上している状況です。

 

今後もこの「イオン」「セブン&アイ」グループ2社の巨大グループが、依然、2巨頭状態が続いていくものの、アマゾン、楽天といったネット通販勢が大きく追い上げていき、し烈な争いとなるのはランキングからも見て取れます。

 

 

スポンサーリンク

全業種(上場) 売上ランキング

「全業種 売上高ランキングNo.1」は? 一体、小売業は何位なの?

日本国内全業種では、 以前は、1~3まで「自動車業界」が占めている状況でした。

 

しかし、「日本郵政」が、2015年末に上場したことにより、一気に2位にランクインしたが、その後「ホンダ(HONDA)」や「三菱商事」「NTT」に追い抜かれ5位に転落。

 

注目の1は、 言わずと知れた 「トヨタ」がダントツの状態。

 

トヨタは2019年あたりまで順調に売上高を伸ばしていたが、2020年に微減となり、2021年には大きく売り上げを落としてしまった。

 

小売業では、他を引き離し1位2位の「イオン」「セブン&アイ」に関しては、全業種の中で「AEON」が、TOP10内の9にランクイン。

 

15前後をキープしていた「セブン&アイ」ですが、2021年の売り上げ低迷でランキングを下げ20位辺りまで後退しています。

 

 全業種 売上ランキング TOP 10  

2021年決算を売上ランキングに反映。

 

順位

会社名

 売上高
(十億円)

1位トヨタ(TOYOTA)27,214
2ホンダ(HONDA)13,170
3三菱商事12,885
4NTT11,944
5日本郵政11,720
6伊藤忠商事10,363
7ソニー8,999
8日立8,729
9イオン8,604
10三井物産8,010

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました